スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DJ-1000 :1997年に売られていた低価格な最新デジカメ

1997年に生まれて初めて買ったデジカメがこれでした。

dj1000-00.jpg

当時、デジタルカメラといえば、5万円以上する高価な電子機器。
しかも画素数は30万画素~100万画素が主流の時代。

今から考えると驚くような低スペックですが、当時としてはこれが最新でした。
そんな中、2万円を切るお手軽なデジカメとして、今ではびっくりの三菱電機から発売されたのがこの「DJ-1000」。

アメリカに引っ越す前に買った記憶があるのですが、当時の価格で18000円程度したと思います。

主要なスペックは
25万画素で、320×240ピクセル、2MBのコンパクトフラッシュカードが付属していて、15枚ほどの写真が撮れます。撮影したデータは独自形式で、パソコンで変換してBMP形式にしないとみることができません。

液晶モニターは当然なく、ファインダーがついているので、当時フィルムの使い捨てカメラでよくあった「写るんです」のような印象を持ったのを思い出します。(当時のことをレポートしたIMPRESSの記事はこちら。


■カメラの詳細写真


まず正面の写真から。当時ずっしりとしたフォルムのカメラが多い中、現在のデジカメにかなり近いスタイリッシュなデザインが目を引きました。ただ、これだけコンパクトにできたのは、液晶モニターがないことや、操作するボタン等もシャッターしかないということもあるのだと思います。
(正面写真)
dj1000-01.jpg

次に背面。
メモリーカードとしてコンパクトフラッシュが使われています。2MBで15枚ほどが撮影可能。1枚あたり128KBのサイズのデータになりますが、ファイルは独自形式なので、そのままでは見ることができません。バッテリーは単4乾電池(AAA)を2本使います。ファインダー横のLEDはバッテリーとメモリの残量。最初緑色に光り、少なくなってくると次第に赤に変わっていきます。正確な残量や取った枚数などもわからないので、いつも数を覚えて撮影してました。
(背面写真)
dj1000-02.jpg

上から見るとシンプルなボタンが2つ。一つはスイッチ。もう一つはシャッターです。
本当に薄い!
(上部写真)
dj1000-03.jpg

電池とメモリーのふたを開けるとこんな感じです。
付属の青いケースがついてきました。
dj1000-04.jpg


■問題はデータ変換!Vectorで変換ソフト発見!
パソコン周りのこまごまとしたものを整理していて気になったので久しぶりに電池をいれてみたのですが、肝心のデータ変換ソフトを紛失。撮影したはいいが、写真が見れないという事態に!

で、Vectorに久しぶりにいってみたら、さすが!ありました。
DAT2BMP」というソフトがあり、これで撮影したデータをBMPに変換できます。

変換された写真は今でいう「トイデジカメ」画質!
だからこのページに書いているのですが、ちょっと持ち歩いて撮ってみようかと。


アメリカにいたころはブログなんていう言葉もまだない時代。
留学日記をこれで撮って書いていました。

現像しなくても写真が撮れるなんて便利!!と普段から持ち歩いていたのですが、今同じ値段だしたら、かなりハイスペックのコンパクトデジカメが買えますね。画質や使い勝手という意味ではこのサイトでよくアップしている一眼レフ型トイデジに完全に負けてます。1500円なんですが、、、
(当時の留学日記の写真はすべてDJ1000なので、画質が見たい方はこちらへ: Rutgers Report
DJ1000: マンハッタンとジョージワシントンブリッジ
(DJ1000で撮影:マンハッタンとジョージワシントンブリッジ)

DJ1000: フィラデルフィア美術館から
(DJ1000で撮影:フィラデルフィア美術館からの風景)


15年ほどの歳月を経て、トイデジの仲間として再びデビューですね^^;


■リンクまとめ



スポンサーサイト

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
Sponsors
写真展・イベント
2012.6.5-18 スペースおいちにて トイデジカメから見える世界
プロフィール

GRAFFiTI 7

Author:GRAFFiTI 7
最近トイカメラを買って、少しずつですが、その魅力にひかれつつあります。カメラの知識や技術はありませんが、ハートでカバー!(できるかな・・・)
ファインダーもないカメラでとった写真はまるで落書き(Graffiti)ですが、そんな中からキラリと光る1枚を見つけ出したいですね。

My Favorites



最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログランキング

FC2Blog Ranking

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
写真
8745位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
風景
2863位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。