スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第1回デジカメ教室: 手ブレを防ぐために

トイデジに限らず、デジカメで撮影するときのコツをまとめていきたいと思います。
第1回は手ブレの防止。ピンとがぴったりとあって、ブレない写真。これだけで美しいものです!


最近では、コンパクトデジカメの性能もかなり向上して、高級機(2万円以上するようなデジカメ)であれば、一眼レフに負けないくらいきれいに撮れるものも増えてきました。


こうなってくると、コツもなにも、被写体にカメラを向けてシャッターを押すだけでそれなりにきれいな写真が取れてしまうのですが、トイデジカメだとそうもいきません。同様に安いコンデジも画質は価格に比例します。


ですが、こういう低性能(ローテク)なカメラだからこそ基礎を鍛えなおすことができるのではないかとも思います。前向き!!


ということで、トイデジカメのようなカメラできれいに撮るためのコツをみんなで共有していきたいと思います。


その第一回目は手ブレの防止。



とにかく手ブレの防止!
手ブレ防止機能がついたカメラがずいぶんと増えてきました。携帯(スマホも含む)電話のカメラでも手ブレ防止機能がついているくらいなので、手ブレなんて気にしなくていいのでは?という意見もありそうですが、やっぱり手ブレは写真にとって最大の敵だと思うのです。


ちょっと暗い写真や明るい写真などは撮影してからレタッチソフトで修正すればなんとかなりそうです(加工の是非はありますが)。でも、ブレた写真だけはあとからどうすることもできません。


意図的にブレた写真を撮ることもありますが、基本は手ブレを極力減らして撮影するということなのだと思います。


そこで、手ブレ防止機能がついていないデジカメ(トイデジ)で、できるだけ手ブレを防ぐ方法は?


1.脇をしめてしっかりとカメラを固定して撮影する
当たり前でしょ?と思われるかもしれませんが、カメラを片手で構えてプルプルと震える手でとっていませんか?カメラを両手で固定して、震えないようにして撮ることで、手ブレはほとんど防げます。
手ブレが起きるのは、シャッターを切る瞬間。この瞬間をしっかりと固定できれば大丈夫ですが、ちょっとなれも必要ですね。


2.三脚を活用
三脚を使って撮影するだけで手ブレはなくなります。特に薄暗い場所や室内、夜などは三脚は必須です。トイデジだと三脚の穴がないものがほとんどなので厳しいですが、、、


3.セルフタイマーを活用
セルフタイマーはみんなで記念写真を撮るためについているものだと思っていませんか?実は、これを活用すると手ブレ防止が簡単に実現できます。手ブレが起きるのはシャッターを切る瞬間がほとんど。なので、カメラに自動でシャッターを下ろしてもらう。これがセルフタイマーを使う理由です。最近のコンデジにはその目的で2秒でシャッターが切れるものも。トイデジにもセフルタイマーがついているものがかなりあります。



これらを組み合わせることで、手ブレのない写真を撮ることができます。

ぜひお試しあれ!
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : デジカメ
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
Sponsors
写真展・イベント
2012.6.5-18 スペースおいちにて トイデジカメから見える世界
プロフィール

GRAFFiTI 7

Author:GRAFFiTI 7
最近トイカメラを買って、少しずつですが、その魅力にひかれつつあります。カメラの知識や技術はありませんが、ハートでカバー!(できるかな・・・)
ファインダーもないカメラでとった写真はまるで落書き(Graffiti)ですが、そんな中からキラリと光る1枚を見つけ出したいですね。

My Favorites



最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログランキング

FC2Blog Ranking

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
写真
6866位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
風景
2248位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。